開智総合学院 | 大阪市城東区の総合学習塾 大阪の中学受験・高校受験における傾向と対策、成績アップする学習法や進路相談等、お気軽にご連絡ください。

伸びる仕組み

カイチの子供達はなぜ伸びる?

通常授業

記憶のメカニズムに基づき反復学習を行うことで、学習効果の高い指導を実現しています。

通常授業

皆さんはエビングハウスの忘却曲線をご存知でしょうか。

人間の記憶は1時間後に56%、
1日で約74%、1週間後には77%、
1カ月後には79%を忘却するという
理論です。

特に注意すべきは1日持続できた記憶は
忘却しにくいという点です。

当塾の小学部では毎回の授業で各講師が作成した宿題を出しますが、この宿題にこの記憶のメカニズムを取り入れています。


右に小学部の宿題のサンプルを載せてありますが、上3つがその日授業で習った学習項目、下の2つは以前授業で指導した学習内容になっています。
このように新出項目と以前の学習内容を宿題の中で組み合わせて復習することで、記憶の継続を意図的に行っています。

中学部では毎時間演習するレベル別の入試問題と宿題箇所を含めた、前回授業内容の小テストを行うことで記憶の定着を行い、さらに小テストの点数と合格率によって、達成度レベルをつけご家庭に資料として郵送することで、小テストによる学習内容の定着を徹底しています。

通常授業

当塾では月に1度診断テストがあり、そのテスト結果はご家庭に郵送しさらに成績順に席替
えを行います。
成績順に席替えと聞くととてもシビアな制度のように思われますが、ここに大きな秘訣があ
ります。
子供達にとってお父さん・お母さんは大きな存在です。
子供達は心のどこかで、お父さん・お母さんに褒められたいという思いで頑張っています。
診断テストの結果をご家庭に郵送しお父さん・お母さんに見ていただくことで、子供達にと
って診断テストは本物のテストに変わります。
また、席替えをするのは、クラスの友達の力を借りるためです。
子供達にとって友達の影響が大きいことは言うまでもありません。

「~君頑張っているな。僕も頑張ろう。」という
感情や、友達から「最近頑張っているな」と思わ
れる感情は、子供達にとって大きな励みになりま
す。但し、普通にテストを行うと
「~君はもともとできるから、追いつけない」と
いうことが起きてしまいます。

そこで、当塾の診断テストでは
1週間前にテストの類題で作成された予想問題を
配ることで、熱心に勉強している生徒は成績が上
位になりやすい
「努力が結果に反映しやすい」仕組みにしています。

定期対策

学習指導にとどまらず、学習方法の徹底指導と実践問題演習による到達度確認で子供達のやる
気を引き出し、新入生平均70点UPを実現しています。

通常授業

当塾ではテスト2週間前より各学校のテスト範囲でテストを行い、結果カルテをご家庭に郵
送します。また、その結果により席替えを行います。

「テスト2週間前にテスト範囲と同じテストを行うなんて・・・」と思われるかも分かりま
せんが、実はこれはテスト勉強を早くスタートする工夫なのです。
新入生の子供達に「テスト勉強はいつから始める」と聞くとほとんどの生徒が「1週間前」
と答えます。
これは中学校のテスト範囲表が1週間前に配られるからです。
子供達はテスト範囲が出ないと学習しないのです。
ですから当塾では、テスト3週間前に予想問題を配布し、学校のテストの3週間前に学校の
テスト範囲でテストを行い、テスト範囲の学習を一通りさせてしまうことでテスト範囲を把
握させ、テスト勉強への早いスタートを促しています。

通常授業

子供達の成績が伸びない最大の理由は「学習方法を知らない」ことです。
学校や塾では勉強を教えてくれても勉強の方法は教えてはくれません。
当塾では子供達が正しい学習方法をマスターするために様々な工夫をしています。

その1つが「カイチ流学習法」の冊子です。
実は成績上位者ほど、学習方法が共通していて単純です。
それをまとめたのがこの冊子です。
また、右のようにトップクラスの子供達のノートの使い方や
問題の解き方、間違い直しの仕方など、
実例を踏まえながらわかりやすくまとめてあり、
すぐに実践できるようにしています。

しかし、冊子を持っているだけでは子供達は学習法を使ってくれません。
そこで、各教室には学習方法がすぐわかる掲示物を貼り、講師の先生達がテスト2週間前よ
り、毎時間、授業内で学習法をレクチャーします
また、スケジュールシートで学習方法と学習計画を毎回の授業で確認し、進捗を管理してい
ます。

通常授業

テスト勉強の方法が合っているのかを確認するために、授業内で実際のテストを想定した過
去問題演習を行い、解説授業を行っていきます。
生徒達はこの演習授業の点数から、自分のテスト勉強の仕上がり具合や苦手箇所を確認し、
テスト勉強に生かしていきます。

通常授業

テスト2週間前よりプリントボックスにテスト対策用の
プリントが設置されます。
生徒達は自分の学習状況に応じて必要なプリントを必要
なだけ取って学習を進めます。
あくまでも子供達を信用し、一人一人の学習スタンスを
尊重するのが当塾の考え方です。

通常授業

プリント棚には作問依頼カードと補習依頼カードを設置
してあります。
作問依頼カードは欲しい箇所の問題と題数を記入すると
翌日、オリジナルで問題を作問し受け取れます。
テスト前などは教科書ページでの依頼もでき、作問が殺
到します。
また、補習依頼カードに補習箇所を記入して書くと、プ
ロの先生の補習を個別もしくはグループで受講できます。
先生に補習や質問を依頼できない生徒たちのために作っ
たサービスです。

通常授業

当塾では平均90点以上をカイチ賞、過去1年間の自己ベストの生徒を努力賞として定期テ
ストごとに表彰します。

子供達は、頑張ったその成果をみんなから褒められた時、大きな自信を手に入れます。
自信は人を大きく変えます。私たちはそんな子供達をたくさん見てきました。
子供達にとって、この時にもらえる当塾のオリジナルバッチも楽しみの一つのようです。

「記憶のメカニズムに基づく反復学習」や「子供達が学習方法を獲得しながら学ぶ定期対策」
などの一つ一つがつながり、当塾は自立したたくましい子供達を育成しています。

その一部を挙げますと、
新入生(中1の最初から在籍している生徒は入会前データがないので除外しています)の定
期テストの点数が5教科平均で72点伸びていることや、
中1から在籍している生徒は、中3卒塾時までに偏差値で平均7伸びていること(学校レベ
ルでは3ランク)、また、その結果として、
塾生の30%が偏差値60以上の難関校に、
塾生の半数が偏差値55以上の中堅校に進学しています。
しかも当塾の約90%がハードなクラブと学習を両立させています。

また、正直申し上げますと成績上位で入会された方は
上記のように定期テストの点数が簡単には伸びません。
上位になればなるほど、得点の伸びしろが少なくなり、
1点の価値が高くなるからです。
よって当塾では、そのような生徒たちに対し、
タイムプレッシャーをかけた過去問演習による
ケアレス対策や、誤答傾向の高い問題に絞った
特訓を行い、より満点を目指す指導を行います。

また、このレベルの生徒が集まる特進クラスでは、普段より入試に対応したカリキュラムで
の指導を行い、定期テスト以上に模試偏差値を伸ばすことに重点を置いた指導を行います。

カイチへの入塾についてなど、ご不明な点はお気軽にお電話下さい。
お問い合わせフォーム 入塾お申込みフォーム
  • 公立高校入試動向
  • 主要都道府県の入試傾向
  • 文理学科講座
  • 新年度生募集
  • パスカルキッズ
  • そろばんクラス
  • 小学受験
  • 指導システム
  • 満足度100%成績保証制度
  • カイチの自信品質保証
  • クラブと塾の両立
  • 教室案内
  • 特進クラス
  • 無料体験
  • 家庭内学習
  • 伸びる仕組み
  • 保護者の皆様QandA
  • 生徒の皆さんQandA
  • 正社員募集
  • お問い合わせ
  • 資料請求