開智総合学院 | 大阪市城東区の総合学習塾 大阪の中学受験・高校受験における傾向と対策、成績アップする学習法や進路相談等、お気軽にご連絡ください。

品質保証

私達開智総合学院では、大切なお子様をお預かりする学習塾として、生徒一人一人の成績向上と、保護者の方がお子様を安心して預けることができる環境作りを実施しております。

1.講師について

当塾講師は、担当科目において五ッ木模試偏差値68以上(大手前高校合格レベル)相当の学力のある者が教壇に立つようにしております。また、就任後も学力テストを実施し、講師の学力向上に努めております。

2.各クラスの目標校と入室基準

当塾では生徒一人一人に適切な指導を行うため、各自の志望校・学力レベルに応じてクラス設定を行っております。各クラスの目標校と入室基準は下記の通りです。

【設置クラスと目標校】

クラス名 目標校
特進クラス 公立トップ校(北野・天王寺・大手前・四條畷・高津・文理学科)
最難関私立校(西大和・洛南・清風南海・大阪桐蔭・明星・四天王寺など)
標準クラス 公立難関校(寝屋川・八尾・清水谷・市岡・東)
私立難関校(清風・桃山・関大系列校、近大附属など)

【入室基準】
標準クラスの入室基準は下記の通りです。
 ・入塾テストで基準点に到達している生徒。

特進クラスの入室基準は下記の通りです。
 ・中1は特進クラスを設置せず。診断・定期模擬テストの順位よりA・Bクラスに分けます。
 ・中2は年2回クラス分けを実施。中1での9月・1月の進研模試の平均偏差値60以上。
  入塾テスト160点以上。
 ・中3は年2回3月と夏期講習前に実施。3月での基準は中2の9月・1月進研模試の平均偏差値60
  以上。
 ・夏期講習前の基準は6月五ッ木偏差値60以上。
  入塾テスト160点以上。

3.通常授業について

当塾の学習システムはエビングハウスの忘却曲線理論に基づき、単元ごとに宿題・小テスト・まとめテストのサイクルが組まれています。また、理解せず学習が進まないよう、これらに合格点を決め、不合格の際は再テストを実施し不理解箇所の徹底克服に努めています。

授業進路は教科書内容の1カ月前倒しを基本としておりますが、中学3年生特進クラスは夏期講習までに、標準クラスは11月中旬までに教科書内容を全て終了させます。
中2特進クラスは最難関校入試を見据え、受験単元内容の習得と英数において中3 1学期内容の学習を終了します。

4.定期テスト対策について

当塾では、独自のシステムで生徒一人一人に適切な学習方法を指導し、その成果を授業内の過去問題演習で確認しアドバイスすることで、入会前平均5科合計70点アップを目指します。
生徒達はこの定期対策を通して、受験時に必要な学習方法や自ら学ぶ学習姿勢を習得していきます。
また、定期テスト直前の土曜日にある9時間自習は、定期テスト直前の追い込みをするという目先の目的だけでなく、受験に備え長時間の学習をやり抜く力と、その充実感を実感してもらうために実施しています。

5.受験対策授業について

受験指導においては、「単元学習」と単元知識が複合した問題をいかに解くかを演習する「入試実践演習」に分けカリキュラム作成を行っています。
これらのウエイトと指導時期に関しては標準クラス・特進クラスごとに異なりますので下記に示すこととします。また、これら「単元学習」と「入試実践演習」においても通常授業と同じく、エビングハウス忘却曲線理論に基づき、宿題・小テスト・まとめテストのサイクルで指導を行い、定着の徹底を行います。
このような指導により、例年中1入会時より中3卒業時には平均偏差値7アップ(受験校2~3ランクアップ)を達成しています。

<標準クラス>
中学1・2年生では春期・夏期・冬期講習会で前学期・前学年内容の学習内容を反復学習することで、受験に必要な単元ごとの知識事項を効率よく定着させます。
中学3年生の1学期から夏期講習終了までの期間は、入試重要単元の総復習と入試問題を制限時間内で正確に解くための基礎力となる、計算・英語長文読解・単語暗記・作文トレーニングを継続的に行います。
2学期以降は、公立・私立の過去問題の実践演習と解説指導を通して、複合問題の考え方、各学校の入試傾向による時間配分や答案作りの方法を指導し合格へと導きます。
自宅学習においては、毎授業の課題と小テストでリードしていく他、2学期以降は自宅学習用教材をご用意し、入試過去問題演習時に発見される弱点単元の補完を行います。

<特進クラス>
中学2年より最難関校受験を見据えた螺旋形カリキュラムで理解を深めながら習熟度を上げ、思考力や論理力また、語彙・文法・読解力などの基礎力育成の徹底を行います。
中学3年生では、1学期中に中学教科書内容を終了し、夏期講習より最難関入試問題の演習・解説また、これら最難関校の入試傾向を分析したパターン別特訓を実施し合格へと導きます。
また、自宅学習においては毎授業の課題の他、7月より単元別入試問題集を、家庭学習で進めるほか弱点箇所の補完にも活用します。

<レベル別受験対策講座>
レベル別受験対策講座は年5ターム(1ターム5回)の映像によるオプション講座です。
生徒各自の志望校レベルに応じ、その時期に身につけるべき学習テーマが設定されており、常に志望校の問題レベルと自分の学力レベルの差を実感しながら学ぶことで、志望校合格を明確に意識し、勉強に取り組むことが出来る講座となっています。

  講座名 特徴 対象偏差値
 北野・天王寺・文理学科対策講座  当塾トップ講師によるラ
 イブ授業
 進研模試偏差値67以上
 トップ10校・寝屋川高校対策講座  トップ校合格を見据えた
 ハイレベルな受験内容を
 映像授業で受講
 進研模試偏差値63以上
 八尾・清水谷・夕陽丘・市岡・東
 高校対策講座
 公立上位校合格を見据え
 た受験問題演習を映像ス
 タイルで受講
 進研模試偏差値55~62
 公立普通科対策講座  当塾オリジナルのフリー
 ラーニングシステムによ
 り弱点単元の完全克服
 進研模試偏差値54以下
第1ターム 7月
第2ターム 9月
第3ターム 10・11月
第4ターム 12月
第5ターム 2月

<受験対策英語講座>
受験対策英語講座は年7ターム(1ターム4回)のオプション講座です。
外国人講師によるオールイングリッシュの英語指導で、大阪府公立高校入試C問題(文理学科、トップ10校、寝屋川、八尾、清水谷などが採用)に対応できる4技能(リスニング、ライティング、リーディング)を意識した指導を行います。

第1ターム 3・4月
第2ターム 4・5月
第3ターム 6・7月
第4ターム 7・9月
第5ターム 9・10月
第6ターム 11・12月
第7ターム 1・2月

6 進路相談・進路指導

進路相談・進路指導については本人とご家庭のご意向をお聞きした上で、五ッ木・進研模試と学校実力テ
スト、内申データよりご本人の状況を客観的に把握し、その上でご本人の潜在能力(現在の成績はケアレ
スミスによるものなのか、単なる努力不足なのかなど)と適性(理系・文系なのか、競争心が強いタイプ
か、マイペースタイプかなど)から志望校をご提案します。
ご提案した志望校に納得がいかない、また別の学校を調べてほしいなどのご要望がある場合は、再度調べ
直し、面談の機会を設けさせていただいています。

7 生徒達への対応について

生徒達の様子は、授業内だけでなく、居残り時間や来塾、帰宅対応時など教室内の全スタッフで注意して
見るようにしています。
また、子供達に対しては挨拶を含めた声掛けを積極的に行うことで、日常の些細な心情の変化に気づける
よう配慮しています。また、子供達が、各教室長の先生や講師に話せない事がある場合に対応できるよう
塾長直通メール窓口を設けています。

8 保護者対応

家庭における子供達の変化、入試制度、学校進路など、三者面談期間でなくとも相談・質問がございます
時は、対応させていただきます。遠慮なく各教室教室長までおっしゃって下さい。

9 返金制度

入会後60日間、成績が伸びない、指導に不安があるなどの場合には理由を問わず授業料を全額返金させていただきます。ただし、教材費の返金はいたしかねますのでご了承下さい。

10 学習塾認証制度による認証

当塾では、サービス産業生産性協議会のガイドラインに沿った「学習塾認証制度 認証基準」により、
1.消費者の十分かつ適切な情報提供
2.適正な契約・解約
3.通塾する生徒達の安全確保
4.顧客相談窓口の充実
5.個人情報の保護など地域の方が安心して教育サービスを受けるための適切な措置を講じている学習塾
として社団法人全国学習塾協会から認証されています。

11 個人情報保護について

当塾では、事業活動の中で、児童・生徒及び保護者、従業者、取引先、採用選考応募者、の種々の個人情
報について、これを保護するため、プライバシーマーク取得を目指し、「個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項(JIS Q 15001)」に準拠したコンプライアンス・プログラムを策定し、関係法令等を遵守するとともに、その改善を継続的に行っています。

12 行き帰り・緊急時の安全について

当塾では入会時に、入退室メールシステムを導入し、生徒の通塾時の安全確保に努めております。
また、緊急時の連絡に関しても、緊急連絡先の取得とメールでの一斉配信システムによりいち早くご家庭
に連絡できる体制をお取りしています。

カイチへの入塾についてなど、ご不明な点はお気軽にお電話下さい。
お問い合わせフォーム 入塾お申込みフォーム